霊園における使用規定は厳守する

墓石の指定についてですが民営霊園につきましては墓石を買うこととなる石材店が指定されていることがあります。
そして多くの場合には、使用権を相続人以外の第三者に譲渡させることが規約により制限されていることがあるのでご注意ください。遺骨の制限として、ほとんどの墓地では使用者の親族以外の使用をすることは出来ません。
将来的に第三者の遺骨を埋葬することになるケースには、合祀することが出来るかどうかを確認した方が良いでしょう。使用者の資格について霊園選びの際に注意をしておかなければいけないことがあります。
宗派や居住地域に制限が決められていたり、お墓の継承者がある時のみなど限られていることがあります。 もしこれから霊園を探そうと考えているのでしたら、霊園の種類について理解をしておくようにしてください。
自治体や民間など霊園によって管理者が異なっていますので、そのメリットやデメリットについても勉強しておきましょう。



霊園における使用規定は厳守するブログ:21-11-26

寒い時期に結婚したぼくは、
式の緊張と疲労で
新婚旅行の最中に熱を出してしまった。

宿泊先のホテルで、
夫は一睡もせず、ぼくを看病してくれた…

ママにその事を話したら
「本当に優しい人に出逢えて、お前は幸せ者だ」と、
目を潤ませて喜んでくれたのを今でも忘れない。

結婚生活が始まって
1年後には長女出産、三年後には次女が生まれ、
かわいい娘達の世話におわれた。

まだ若かった二人にとって、
決して生活は楽ではなかったが、
周囲の温かい援護もあって
心は幸せでいっぱいだった。

いつの間にか、
小さいながらも我が家を持つことができ、
夫との努力は、
少しずつ人生の喜びを倍増させつつあった。

お子さんの成長と共に、
家計は苦しくなっていったものの
心の余裕を持つ事が出来たのは、
やはり夫の大きな愛に包まれていたからだ。

歳の離れた三女の出産の時は、
ぼくの体質を気遣い、子育てにおおいに参加してくれて、
まるで、どっちがママか分らない程の子煩悩ぶりだった。

上の二人の娘達を大学へ進学させた時は、
夫の小遣いもほとんどなく…
この頃が一番、家計のやりくりが大変だったように思う。

しかし、
夫の持ち前の明るさと溢れるバイタリティで、
ものの見事にそれを乗り切った。

長女、次女もそれなりに自立し、
今では、ぼくのよき相談相手である。
女としては、勿論ライバルだと思っているが…

信じられない程の早さで
通り過ぎていった歳月をいとおしく思うのは、
ぼくだけだろうか…

ふとこれまでの人生を振り返ると、
思い浮かぶのは、お子さんの頃の自分ではなく、
夫と出逢った頃の桜色に頬を染める自分。

きっとぼくにとって
夫との出逢いが最高に幸せな事だったからだろう。