寺院が霊園を管理している場合のメリット

最近におきましては、石のお墓だけではなく、納骨堂も増加してきています。
従来は遺骨を墓地に埋葬するまでの間一時的な保管場所として利用をされてきたのですが、現在におきましてはお墓としての機能もあるのです。寺院の住職の人柄についても、長く信頼をしてお付き合いすることが出来るかどうか考慮に入れておく必要があります。
メリットはお墓が境内に設置されていますので法要を本堂で営むことが出来ますし、何よりも頼めばいつでも僧侶が読経して供養してくれるという点です。多くの場合にはお寺の境内に設置されていて、寺院が管理をしている墓地となります。
寺院墓地のお墓ではお寺の檀家になることが条件とされている場合が多くなっていますので、まずはお寺の住職にお寺の行事やお付き合いなどを知っておきましょう。 一般的な霊園というのは、様々な決まり事があり、それら使用規定は必ず守らなければいけません。
特に宗教や宗派は最も大切なことであり、霊園と異なった他の宗派の人は使用をすることが出来ないのです。



寺院が霊園を管理している場合のメリットブログ:21-06-17

さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
減量にはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

娘の頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
減量に向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ライスよりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいも減量の方法は、
1日三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、1日一食だけ、
ライスや食パンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
減量には良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、減量効果が期待できますよ。

毎日一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
スナック菓子の代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

スナック菓子やチーズケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でもお腹が満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!